整形外科

整形外科pic01

整形外科は、外傷や骨折、病気などによって損なわれた運動器の機能を取り戻し、回復させていく診療科です。患者さまが一日も早く機能回復できるよう、リハビリテーション科のスタッフと密に連携をとりながら診療にあたっています。また、現代の高齢化社会にあって、骨折の予防になる骨粗鬆症の治療も行っています。手術治療を行うことも多く、年間約400件の手術を手がけています。中でも骨折手術は全体の40-45%を占め、その他人工関節手術、関節鏡手術、手の外科領域手術など多岐にわたっています。地域の皆さまに生活の基盤となる健康をサポートできるよう、「ケガをしたらまず、第一病院に行こう!」と言っていただける整形外科を目指しています。

過去2年間の手術件数(平成25~平成26年)

(以下に平成25年~平成26年の主な手術の内容と件数を示します。)

  平成25年 平成26年
総手術件数 296 307
全身麻酔 107 91
腰椎麻酔 37 50
伝達麻酔 63 58
局所麻酔 76 88
大腿骨頚部・転子部骨折 45 34
上肢の骨折 60 44
下肢の骨折 73 69
人工関節 15 18
関節鏡 4 4
手の外科領域
(ばね指、手根管症候群など)
41 40

人工関節手術風景