ストーマケアチーム

ストーマとは、お腹の外に作った便や尿の排泄口のことで、消化管の場合は人工肛門とも言います。癌や狭窄などの理由で排便、排尿が出来ない状態になった場合や術後の合併症を予防する為に増設します。一時的に造設した場合はしばらくの期間をおいて、ストーマ閉鎖手術を行うようになります。ストーマを良い状態に保ち、快適な生活を送って頂く為には、定期的なストーマケアが非常に重要となります。
当院でストーマを造設される患者様は年間数件程度ですが、外来では30名前後の造設された患者様が通院されています。当院では外来、病棟をはじめ各部署にストーマ担当のスタッフがおり、造設術を受ける患者様の安全と安楽を第一に考え、専門的な知識と技術を生かした看護を提供しています。手術前オリエンテーションから入院中、退院後の装具交換時のケア方法の確認、装具の適切性、日常生活指導、使用装具の評価、皮膚障害発生時等のケア、社会復帰に向けての支援も行なっています。また患者様やご家族を含めた精神的フォローを中心に継続的なケアを提供しており、退院後の日常生活で困ったことなどの相談も受けています。
当院のストーマチームは専門の医師、各部署の担当看護師、医療ソーシャルワーカー、ストーマ装具を提供する業者のスタッフで構成され、月1回ストーマチーム委員会を開催し、患者様の情報を共有し、一人一人の問題点について検討しています。また年に1~2回ストーマチーム主催の院内勉強会を行なっています。

ストーマをお持ちのみなさまが日常生活を快適に過ごせるよう援助いたします

ストーマ装具の交換方法やストーマ周囲の手入れの仕方

ストーマ周囲の皮膚トラブルやストーマ装具のもれに対する対処法

ストーマ装具の注文方法、社会保障制度について

ストーマ用品の紹介、セルフケア指導、日常生活の相談

その他の様々な悩み事の相談

ストーマチームスタッフ一同、ストーマをお持ちのみなさまが日常生活をより快適に過ごされるようにお手伝いいたしますのでお気軽に御相談下さい