緩和ケアチーム(PCT)

私たち緩和ケアチーム(PCT:Palliative Care Team)は患者さまの病気によって起こる様々な苦痛症状を和らげ、生活の質が低下しないようサポートさせていただきます。
たとえばがんの治療中の患者さまでは化学療法中から痛みや倦怠感、眠れないなどの症状がでる場合があります。私たちは専門的知識に基づいて患者さまの症状に合ったお薬を提案したり、生活のアドバイスをいたします。
緩和ケアとは必ずしも終末期のみに行うものではありません。病期に関係なくお困りのことがあればご相談ください。
また、できるだけ患者さまやご家族のご希望にそった治療ができるよう、お気持ちを遠慮なくお伝えください。

メンバー

症状緩和担当医師1名、薬剤師2名、看護師5名、栄養士1名、医事課スタッフ1名 リハビリスタッフ等で構成されています。

活動

毎週1回病棟を回診し、毎週1回チームでカンファレンスを行います。また、必要時は緊急カンファレンスも行います。
毎月1回他の医療チームとの合同カンファレンスを行いそれぞれのチームの立場から意見を出し合い、患者さまにとってよりよい治療となるように話し合います。
緩和ケアチーム主催の院内研修会を開き院内のスタッフに情報提供しています。緩和ケアチームの各メンバーは緩和ケアに関する最新の情報や知識を得て治療に役立てるため、各種の学会・研修会等に参加しています。

参加学会(主なもの)

・緩和医療学会
・緩和医療薬学会
・在宅医療学会
・日本癌治療学会
・日本病院薬剤師会
・その他緩和医療に関する研修会・研究会

チームカンファレンス

チームカンファレンス

院内研修会

院内研修会

患者さまへ

患者さまに痛みや倦怠感、不眠、せん妄などの苦痛症状があれば緩和ケアチームが主治医、スタッフと連携をとって痛みを評価します。

痛みはひとりひとり感じ方が違います。痛みの程度をスタッフが共有するために表を使って痛みを数字でお尋ねします

痛みのスコア(当院用)

痛みのスコア(当院用)

じっとしていても痛いか、動いたときだけ痛みが出るか、吐き気、眠気、便秘などお困りになっていることがあるかなど、患者さまの症状が具体的に把握できるとより良い対処ができます。そのため、できるだけ詳しく症状をお話しください。

患者さまやご家族の苦痛を少しでも和らげ、笑顔で生活できるよう私たちにお手伝いさせてください。