感染対策チーム(ICT)

チームのご紹介

感染対策チーム(ICT:Infection Control Team)は、院内感染防止対策委員会の実働組織として、院内各所の感染症発生状況を把握し、指導・管理を行うことを目的に結成されました。
この活動は職種の専門性を尊重して組織横断的に展開しており、患者が安心して医療を享受できる環境整備や感染対策に対する職員啓蒙などに取り組んでいます。

チームの役割

院内各所の感染症発生状況を把握し、指導・管理を行うことです。

活動内容

1. 院内感染防止対策マニュアルの作成・改訂
2.

院内感染発生状況のサーベイランス
・院内各所での手洗い
・手指消毒の実施状況と把握
・ATPチェッカーを利用した、ふき取り検査

院内感染発生状況のサーベイランス
3. ICTラウンドによる感染症患者の把握と介入 抗菌薬適正使用に向けた取組み(感染症の対象微生物の同定と画像診断や腎・肝機能、感受性試験を考慮した適正な抗菌薬の選択と用法・用量の確認。保菌・感染の鑑別などを実施しています)
抗菌薬の選択としては、医師・薬剤師による検体のグラム染色により、治療効果の判定、薬剤の選択を行っています。
環境ラウンドの実施
環境ラウンドの実施
4. 病院感染防止対策の実施状況の評価と指導
5. 院内感染防止などに関する職員教育・研修
6. 感染に関する各種コンサルテーション業務
7. アウトブレイクまたは感染症発生時の対応
8. その他、院内感染対策に関する事項

メンバー構成

現在は、医師2名、看護師10名、薬剤師1名、検査技師1名 の計14名の構成メンバーで活動を続けています。