化学療法チーム

私たち化学療法チームは患者さまのそばで共にがんと闘います。

がん化学療法とは
がんの治療は手術、放射線療法、化学療法の3つが基本となります。化学療法とはお薬を使うがんの治療方法です。これは大きく次の3種類に分けられます。
(1)がんを完全に切除した手術後に再発予防の目的で行う術後化学療法
(2)手術前にお薬でがんを小さくして手術をしやすくする術前化学療法
(3)がんの再発や、すぐに手術のできない場合にがんの進行を抑えるための化学療法

治療に使用するお薬は内服薬や注射薬、またはその両方を併用することもあります。治療に使うお薬や組み合わせはがんの種類によって変わります。長時間点滴が必要なものもありますし、内服薬を服用したり休薬したりスケジュールの複雑なものもあります。
化学療法は入院で行うものばかりではありません。治療時間や患者さまの症状によっては入院せずに外来でできるもの(外来化学療法)もあります。

化学療法施行回数

化学療法施行回数

癌種別化学療法延べ施行回数

癌種別化学療法延べ施行回数

一般にがん化学療法は何回も繰り返して治療を行います。
化学療法について分からないことや不安なことがあればいつでもお尋ねください。私たち化学療法チームは患者さまの治療について分かりやすくご説明します。

メンバー

医師2名(うち専任1名)、薬剤師2名(うち専任1名)、外来看護師3名(うち専任1名)、病棟看護師6名、栄養士1名、臨床検査技師1名、医事課スタッフ1名等で構成されています。

活動

1. チームでは患者さまが受けている化学療法が患者さまにとって最適な治療となるよう、常に主治医、関連診療科医師と連携をとっています。
2. チームでは施行中の化学療法が患者さまの負担が大きくないか、副作用が発現していないか、副作用対策が十分とられているかを検討します。
3. 栄養サポートチーム(NST)、緩和ケアチーム(PCT)など他の医療チームと相談して患者さまの生活の質を守ります。
4. 患者さまの治療スケジュールを把握し、治療効果が最大に発揮できるよう、また患者さまに安心して化学療法を受けていただけるよう支援します。
5. 患者さまに治療中の副作用対策についてご説明します。また、治療に関して患者さまからのご希望、ご相談に対応します。
6. チームのメンバーは院内のスタッフにがん化学療法について情報提供し   ます。また、がん化学療法に関する最新の情報や知識を得て治療に役立てるため、各種学会、研修会等に参加しています。

院内勉強会

院内勉強会

参加学会(主なもの)

・日本癌治療学会
・日本薬学会
・日本病院薬剤師会
・日本臨床腫瘍学会
・その他がん関連学会、研修会

治療の流れ

1. 治療方法について主治医から患者様に説明(インフォームド コンセント)があります
2. 担当薬剤師が化学療法のさらに詳しい説明を行います (使用薬剤の特徴、副作用、スケジュールなど)
3. 化学療法当日は、投与量の確認のために体重測定、採血、検尿、体調の聞き取り等があります(医師、看護師、薬剤師)
4. 主治医が総合的に判断し化学療法できるか最終的に判断します。
5.

薬剤科で調剤を開始します(注射剤は無菌調整をするので少し時間がかかります)

無菌製剤処理件数(抗がん剤)

抗がん剤の無菌調整

抗がん剤の無菌調整

6. 患者さまにお薬を投与します(注射剤投与中は患者様の状態、薬剤の投与速度・投与順序を定期的にチェックします・・薬剤師、看護師)
7. 投与終了後、内服処方をお渡しします(薬剤師)
8. 投与後の注意、日常生活などの注意をお話します(医師、薬剤師、看護師)
9. 終了

次の投与予定日までの間に採血に来院していただくこともあります

副作用をチェックするためですので必ず採血を受けてください。
どうしてもご都合が悪い場合は日程調整が必要なので受診予定日前日までにご連絡ください。

患者さま・ご家族の方へ

近年がん領域では世界中で次々と新しいお薬が開発され治療に使われています。副作用もよく研究されており、患者さまの副作用の状態に合わせた対処法がいろいろあります。
化学療法を続けていくために、患者さまやご家族には日常生活で注意することや副作用のサインを知っていただくことが大切です。副作用はひどくなる前に早く対応することがポイントです。
抗がん剤に副作用はつきものだと諦める必要はありません。治療によって起こった不快な症状を詳しくお話し下さい。私たち化学療法チームは患者さまが副作用のために生活の質を落とさないよう、また副作用のために化学療法の継続を断念しないよう支援いたします。
がん化学療法は患者さまやご家族のご理解・ご協力がとても大切です。少しでも副作用なく、治療効果が上がりますよう私たちスタッフにお手伝いさせてください。