リハビリテーション科

作業療法(OT)

作業療法では、運動療法や作業活動を取り入れながら、常に患者さまの生活を基盤とした訓練をモットーにリハビリをさせていただきます。そのため、実際の生活場面での動作(食事やトイレ動作、入浴動作等)の訓練なども取り入れていき、患者さまの生活スタイルや住宅環境に合わせたリハビリをしていきます。患者さまがより安全に、安心して自宅退院や社会復帰をしていただけるようにスタッフ一同で支援していきます。

 

対象疾患

  • 運動器疾患(肩、指、鎖骨などの病気や骨折 神経、筋、靱帯損傷、五十肩など)
  • 脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)

理学療法(PT)

理学療法では、病気や骨折、痛み等によって、寝返り・起き上がり・歩行などの動作が難しくなった方々に対して、動作能力の回復や悪化予防のために、筋力強化や歩行練習、呼吸訓練、動作の練習などの運動療法をしています。
広く明るいリハビリ室で各個人に合わせたリハビリをしています。また、病棟や屋外でのリハビリも積極的に取り入れています。

 

対象疾患

  • 運動器疾患(脊椎、骨盤、膝、股関節の病気や骨折 神経、筋、靱帯損傷など)
  • 脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)
  • 呼吸器疾患(肺炎、肺気腫など)
  • 廃用症候群(肺炎など治療時の安静により生じる機能低下)

言語療法(ST)

言語療法では、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、事故による頭部外傷などの後遺症で、ことばが出にくい、理解することが難しいといった失語症や、呂律が回らなくなる構音障害など、ことばの障害に対して評価・訓練を行います。そのほか食べたり飲み込んだりすることが難しくなる嚥下障害に対しても評価・訓練を行っています。
患者さまの状態や状況に応じて、ことばや飲み込みそのものの改善をめざす機能訓練の他に、障害した機能を他の手段で補う訓練を行い、患者さまが円滑に日常生活を送ることができるように支援します。

物理療法

物理療法では牽引、SSP、マイクロウェーブ、ホットパック、レーザー等の治療を患者さまに提供しております。

リハビリテーション科直通電話
リハビリテーション科直通電話