薬剤科

薬剤科理念

私たちは医薬品の適正使用を目指し、安心できる医療を提供します。

私たちは、患者さまに最も適した薬を正しく使うことが、最大の治療効果につながると考えています。そのために薬剤科では、お薬について最新の情報を患者さまやスタッフに提供できるよう日々努力しています。
科学が飛躍的に発展するなか、薬物治療も日々進歩しています。私たちは薬のプロフェッショナルとして、正確な情報をいち早く収集し、治療に役立てられるように、今後ますます努力を重ねていきたいと願っています。
お薬のご相談があるかたは、薬剤師をお呼びください。ご自分のお薬をよくご理解されることは、大きな治療効果につながります。お気軽にどんなことでもおたずねください。

薬剤科の業務

薬剤科業務は、調剤業務、注射剤の無菌調整、服薬指導業務、DI業務、TDM業務、品質・在庫管理業務、チーム医療への参画など多岐にわたっています。特にがん化学療法が多様化してきた今日、当院薬剤師は他のスタッフとのスキルミックス(多職種が協力し合うこと)を実践し、治療に参加しています。
また、現在外来院外処方箋の発行率は90%以上となっています。そこで、処方せん受け入れ調剤薬局と密接に連携(薬薬連携)をとり、患者さまの薬物治療を幅広くサポートしています。
さらに、2010年度からは薬学部学生の病院長期実務実習を受け入れ、薬剤師育成のお手伝いをしています。

1.調剤(内服薬、外用薬、注射薬)

医師からの処方オーダーを受けて、薬剤科で調剤を開始します

処方監査とは
医師の処方したお薬が患者さまに適切か、カルテや患者さまからの聞き取りをもとに調べることです
・これまでにこのお薬でアレルギーが出たことがあるか?
・現在服用中のお薬や注射薬と成分が重ならないか?
・お薬同士がお互いの効果を弱めたり、強めたりしないか?
・量や投与回数が患者さまの状態に合っているか?
・もしも不明なことがあれば医師に確認します(疑義照会)

調剤監査とは
医薬品が処方どおり正しく調剤されているかを確認します

院内製剤
薬剤科では、病院内で使う特殊なお薬を作っています

2.注射剤の無菌調製

当院では清潔区域において、抗がん剤とTPN(中心静脈栄養)の無菌調整をしています

(1)抗がん剤・・・
がん化学療法では、患者さまごとに抗がん剤の組み合わせや投与量が違います。
これらの調剤には特に細心の注意を払っています。
また、不必要な暴露を防ぐために薬剤師が安全キャビネットを使って調剤しています。

(2)TPN(中心静脈栄養)・・・
口や消化管を使えない患者さまに、食事のかわりとなる栄養を投与するための高カロリーの点滴です。
細菌による汚染を防ぐためにクリーンベンチを使って清潔操作によって調剤しています。

3.服薬指導

入院患者さまのお薬が、適正に使用されているかを薬剤師が確認します。持ち込み薬や、当院からの内服処方、注射処方などについて投与量、重複、副作用など確認して、スタッフに情報提供するとともに患者さまにお薬の説明をします。
当院では、継続治療中の患者さまには原則として担当薬剤師制をとっているため、患者さまの状態を経時的に把握でき、患者さまからも相談しやすい体制を整えています。患者さまがご自分のお薬を良くご理解されることは、治療効果の向上につながります。また副作用の早期発見にもつながり、患者さまへのダメージも最小限に抑えることができます。継続しなければならないお薬や、調節してよいお薬など、お薬の性質を知ることは大切なことです。患者さまが安心してお薬の治療がうけられるよう、ていねいな説明を目指しています。

4.DI(Drug Information )

薬剤科ではお薬に関する情報を集めて、スタッフや患者さまからの質問にお答えしています。また、製薬会社から医薬品情報の提供を受けたり、実際にお薬を使う上で分からないことを調べます。当院では、『薬剤科からのお知らせ』『DIニュース』『医薬品安全性情報』を、イントラネットを通じて院内に配信しています。そして、お薬に関するリスクマネージメントに貢献しています。

5.TDM(Therapeutic Drug Monitoring)

同じ量のお薬でも、1日1回で投与した場合と、2回に分けて投与した場合で効果が違うことがあります。薬剤科では特殊なお薬について、お薬がきちんと効果を発揮して副作用が出にくい投与量・投与方法を患者さまごとに設計します。その後、お薬の血中濃度を測定して、初回の投与設計が適切であったかを検証します。

6.品質・在庫管理

患者さまが、治療を安心して受けていただくために、病院内のすべてのお薬の保管状態(温度、遮光、使用期限など)をチェックして、品質を保持しています。また、お薬の在庫切れや期限切れが起こらないように、常に管理をしています。

7.チーム医療への参画

チーム医療とは、患者さまの入院中に発生する様々な問題点を多職種のスタッフからなるチームで解決していくことです。
薬剤師も栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)、感染症対策チーム(ICT:Infection Control Team )、褥瘡対策チームなどのメンバーとして、多くの医療スタッフと協力して患者さまの治療に貢献しています。

8.薬事審議会の開催

院内の医薬品に関する事項を検討する委員会です。各部門の代表で構成され、薬剤科が中心となって運営しています。

 

当院薬剤科は5階にあります。忙しい業務の合間にふと窓の外に目をやると、優しい光を浴びた景色に心が癒されます。遠くの丘の緑の濃さで季節を感じ、美しい夕焼けは時を知らせてくれます。私たち薬剤科のスタッフは、他の医療スタッフと力を合わせて、患者さまの一日も早い回復をサポートいたします。