臨床検査科

臨床検査は大きく分けて、患者さまから採取した血液や尿などを検査する検体検査と、心電図検査や超音波検査のように患者さまを直接検査する生理機能検査があります。
当検査科でも様々な検査を行なっており、正確かつより迅速に結果を報告することでチーム医療の一員として診断・治療に携わっています。

おもな業務内容

【検体検査】

・血液検査

血液中の赤血球・白血球・血小板の数やヘモグロビンなどを測定し、炎症や白血病、貧血などを調べます。

・生化学検査

血液中の蛋白質、脂質、電解質、酵素などを測定することで、肝臓をはじめ各臓器の異常を調べます。

・尿検査

尿中の蛋白、糖、潜血などを調べる定性検査や、尿に含まれる細胞を顕微鏡で調べる尿沈渣を行ないます。

・輸血検査

血液型検査の他、血液製剤と患者さまの血液が適合するかを調べる交差適合試験など輸血に必要な検査を行なっています。

 

【生理機能検査】

・心電図検査

心臓からの微弱な電気を波形として記録することで、不整脈や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)などを調べます。また、24時間胸に電極を装着し日常生活を送りながら記録するホルター心電図や、運動負荷をかけて運動前後の心電図を記録する運動負荷心電図も行なっています。

・超音波検査(エコー検査)

超音波を使って、臓器の形や動きを画像にして調べます。腹部・心臓をはじめ乳腺・甲状腺・血管などの検査を行なっています。